Q&A

Q.「政友会に興味はあるんですが、専門知識がないけど大丈夫ですか?」

A.「勉強会は専門知識が無くても理解できるように、工夫を凝らした内容となっております。また、今まで触れたことのない様々な学問分野に触れてみて、何かに興味を持つことが出来ればさらに深い興味が沸いてくるでしょう。 『勉強してみたい』という気持ちが少しでもあれば、このような心配は必要ありません。」

 

Q.「勉強会は所属しなきゃいけないの?毎週行かなければいけないの?」

A.「政友会の勉強会は『所属』ではなく『参加』という形を取っています。したがって例えば毎週ジャーナリズム会に参加しながら、時々経済会に参加してみたり、また、木曜日に用事が入ってしまえば、そちらを優先していただいて構いません。勉強会の告知は、ツイッターと新歓期には新歓メーリングリストでお送りしています。」

 

Q.「勉強会の雰囲気はどんな感じなの?」

A.「プレゼンターによってプレゼンの形式は様々です。主にレジュメを用いてプレゼンを行いますが、プロジェクターを使用したり、時にはディスカッションを交えることも。プレゼンター自身が学生ということもあり、大学の授業とは違う知識の共有や興味分野の発見が出来ます。政友会全体の人数は多いのですが、一勉強会約15人〜30人と、大学の巨大教室で行うマスプロ授業では味わえない双方向の勉強も可能です。」

 

Q.「掛け持ちOKということですが、必ず出なくてはいけない活動はあるのですか?」

A.「毎月1回『総会』というサークルの方針を決める会議があり、そちらは原則全員出席となっております。また講演会も全員参加となっておりますが、関わり方は様々です。4つの勉強会すべてに参加する熱心な人もいますし、イベントだけの参加もいるように、会員の意志を最大限尊重しています。」

 

Q.「勉強会以外で会員と話す機会はないの?」

A.「毎回の勉強会後には『アフター』と呼ばれる軽いお食事会があります。そこで、勉強会で疑問に思ったことや、自分の主張などを気軽に話すことが出来ます。その他にも、野球観戦やBBQ、納会や夏合宿など、勉強会に限らず様々な機会がございます。」 

 

Q.「新歓期じゃないけど…」

A.「政友会は1年間随時入会を受け付けています。また、勉強会などに参加して雰囲気を体験してから入会、という形も大歓迎です。」

 

Q.「人数構成はどんな感じなの?」

A.「全体では100人弱が会に所属する学内最大の学術系政治サークルです。男女比率は男性が多いものの、数年前は幹部の半数を女性が占める年もありました。」

 

Q.「フリーペーパー『BRIDGE』について詳しく知りたい」

A.「当サークルでは2010年度より機関誌『Bridge』をその年ごとに制作しております。Bridgeは、当会の理念である「学生と政治の架け橋」を実現するための架け橋であり、政友会の活動を対外的に発信する場でもあります。
いわば普段の勉強会で得た知識をアウトプットする場なのですが、その内容はいわゆる政治のみに限られません。例えば過去のBridgeにはAKB48やディズニーリゾートについて書かれた記事が掲載されました。政治や経済、時事問題に限らず自分が好きなことについて調べ、意見を述べることができるのがBridgeという場なのです。
新入生の皆様のご参加は大歓迎です。是非ご興味のある方はご参加いただければと思います。」

 

Q.「議員インターンについて詳しく知りたい」

「現在約5~10人の会員がインターンをしており、党を問わずいくつかの事務所にお世話になっています。募集があったら随時会員から行きたい人を募っているという形なので、条件は事務所さんによって異なります。また募集数には限りがありますので希望が通らない場合もございますが、 ご了承ください。」